フォト
無料ブログはココログ

« ワクワク゚+.(・∀・)゚+.゚ | トップページ | イナズマロックフェス2010 その2☆ »

2010年9月22日 (水)

イナズマロックフェス2010 その1☆

19日は帰ってきてから化粧も落とさず倒れこんでたの^^^^




だから遅くなったけどこれだけは言わせて










貴教ちゃんお誕生日おめでとう!!








大げさかもしれんが


貴教は私の人生を変えてくれた人。






貴教のことを好きじゃなかったら


今頃はつまらん人生送ってたやろなって。






いやもしかしたら違う人のファンになったり


何か違う趣味を見つけたりして


それはそれで楽しんでたかもしれない。






でもやっぱ貴教しか考えられない










そんなわけで


嫌がられてもずっとついていくのでよろしくね(*´∀`)ノシ












ここからはイナズマ鳥頭レポ^^^^










グッズのフード付きバスタオルがどうしても欲しかったから


朝8時半に家を出ました






11時半に会場に着いて、1時間近く並んでゲット゚+.(・∀・)゚+.゚






後でツイッター見たら


3時頃には「バスタオル売り切れた」って誰か言ってて






去年もすぐバスタオル売り切れてたし


今年はフード付きだしまた売り切れるだろうと思って


早めに行って正解でした(*´д`*)






サラダパンも買ったし去年のリベンジ成功^^




おいしかったです。


いつぞやの番組でタレントが騒ぐほどたくあんの味しないし。










その後相方さんと合流して




途中抜けてご飯食べたり


後ろのエリアでまったり観たりして




去年はずっと前方キープしてたので


こうやって過ごすのもフェスっぽくていいなぁなんて思いました。






シートエリアで座ってたらスタッフ2人が近付いてきて


な…何か怒られる?って思ってたら




カメラに向かって「西川さんお誕生日おめでとう」って言って下さい




って書いた紙を見せられて


周りにいた何人かと一緒に言ったんだけど






何に使う(使った)んだろう。怖い(笑)







大黒摩季さんのステージは感動でした




「夏が来る」の歌詞が胸に刺さる。・゚・(ノД`)・゚・。








absの番になって




私らは背が低くて前に詰めると見づらいから


ちょっと引いて後ろの方をキープしてたんですが






目の前にカップルが割って入ってきましてね


(彼氏は付き添い的な感じの人)




まぁそれはいいとして




本当はかなりイラついたけど^^






1曲目のキミノウタの間奏で


貴教が「会いたかったぜイナズマー!」って言った感動の瞬間




そいつらキスしはじめやがりまして








あーお前らも会いたかったんだねー(笑)かわいいねー(笑)









(#^ω^)ビキビキ










お前らのせいで感動ぶち壊し(#^ω^)




てか人前でキスとか自重しろ


お前らがイチャイチャするのを見に来たんちゃうねん




イチャつきたいなら今すぐお家に帰ろうね^^^^






その後も何かとイチャつきたがる彼氏




私はその度に(#^ω^)ビキビキ




ちょっとぐらい我慢しろ^^^^









貴教とSUNAOさん清春さんのチューの方が100万倍美しいです(笑)










後ろにいた人らは




「前(たぶん私らの事)ちっちゃいからめっちゃ(ステージが)見える」






はいそこ^^^^聞こえてますよ^^^^




「前の人でかくて見えん」って言われるよりマシなんはわかるけど


もう少し小声で言いなさい^^^^




おばちゃん怒るよ^^^^








肝心のライブは楽しかったです(。ゝω・´)ゞ






清春さんがサプライズで登場して少年を歌って


客席のテンション最高潮の時に




貴教「ちょ…ちょっと待ってもらっていいですか?」




何やろ?と思ったら






ズボンが裂けてる!(・∀・)




びっくりそして(*´д`*)ムッハー




ニヤニヤが止まりませんでしたありがとうございます








ちーすけ@チラシの裏日記







天気も良かったし暑かったし、絶好のフェス日和でした。




また最後の花火がきれいでした゚+.(・∀・)゚+.゚


去年と同じく、私にとって今年初の花火。






その2へ続くニコちゃん①

« ワクワク゚+.(・∀・)゚+.゚ | トップページ | イナズマロックフェス2010 その2☆ »