フォト
無料ブログはココログ

« ネットワークビジネスに勧誘された(経緯編) | トップページ | 厄を落としてきます^^ »

2011年9月 9日 (金)

ネットワークビジネスに勧誘された(当日編)

いよいよ当日。


そんなに大きくない、地元近くの駅前で待ち合わせ。




喉が渇いたねーと、某ドーナツ屋に入ることにした。




M子は「どこの席にする?」とは一言も聞かずに


2人用のテーブルをくっつけて4人用になってる席の壁側に座った。




いつもなら聞いてくれるはずなのに。




私は壁に向かって座って、店内全体が見渡せない状態になる。




これも、勧誘の際の手口の一つとしてネットで見たので


ますます不信感が募った。






私はお腹が空いてたので、ドーナツ2個とドリンクを頼んだ。




M子は「お腹いっぱい」と言ってドリンクだけ頼んでた。






最初は軽い世間話から。




だんだん話は旅行のことになっていって


M子が旅行の雑誌やらパンフレットを鞄から取り出した。




モルディブとヨーロッパのパンフレットと、ハワイの情報誌だった。




(話があるから楽しみにしててねって、旅行のことだったんかな…?)


(疑って悪かったかな)




そんな思いが一瞬湧いた。




しばらくパンフレットと雑誌を2人で眺める。




私が年末にハワイに行ったことを、前会った時に話してたので


ハワイのことを色々聞かれた。




M子「どこ行ったん?」


私「○○とか△△とか。食べ物ばっかやけどw」


M子「あたしマリンスポーツとかしたいねんなぁ♪」




M子「あたし1ヶ月ぐらい休み取って旅行したいねん。行こうやーw」




それはひょっとしてギャグで(ry






ハワイの雑誌を見ながら




「スパとかいいなぁー」


「ほんまに行こうーw」


「やり残したことやろうやぁ」←ノースショアに行きたかったとか口走ってしまった




とか、キラキラした笑顔で語るM子。




お前と国内旅行すらしたことないのに


なんでハワイに1ヶ月も滞在せなあかんねん。




「英語喋れるん?」って聞いたら、「全然w」だって。




ナメてんのかwww


いくらハワイとはいえ、1ヶ月も滞在したかったら英語できないとまずいと思うよ^^






ハワイ談議に花を咲かせた後




「でもそうやって年末にハワイに行けたってことは、けっこう貯金してたんや?」


と、妙に生々しい話に持っていかれた。




ええ。【貴教ちゃん貯金】をしてましたよw




だから思いがけない季節に決まったハワイに、意を決して行ってきました。




M子「へぇーすごいなぁ。でもそういうイベントで行くのもいいけどさ、


仲いい友達同士で行ったらもっと楽しくない!?」




うるさい黙れ^^


私の名前も正しく覚えてないくせに→→→こちら参照


仲良しアピールするんじゃねーw








ここから本題に入る。




「それでな、めっちゃ旅行したいけどお金いるやん。


それに、将来結婚して子供欲しいやん?そうなったらもっとお金かかるやん?


それに、(M子は保育士)あたし今0歳児見ててさ、


小さい子の成長って早いから、子供が色んなことできるようになるのを


お母さんよりあたしらが先に見ることになってしまうわけ。


そういうのもあるから、あたしはやっぱ子供は自分の手元で育てたい云々」




うん、専業主婦になりたいんだよね。わかります。




それはわかるけど、そんな考え持ってるんなら


保育の仕事なんて辞めた方がいいんじゃね?^^^^


保護者の人に失礼だと思うよ^^^^





「だから、今の仕事だけじゃお金足りんし、今のうちになんとかしようと思って


新しい仕事始めてん!」






キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!






私「へぇー。何の仕事?」




M子「何の仕事やと思う!?」




この時のM子の目がギラギラしてて怖かった。




私「えーわからん。」




M子「めっちゃ面白い仕事やねん!誰かと一緒にやるのが面白くて


○○ちゃん(私)とは気も合うし、一緒にやりたいなって思って♪」




M子「その仕事、今年の5月ぐらいから始めたばっかで、まだあたしの口からは


うまく説明できへんねん。だから、今日はその仕事内容を詳しく説明してくれる人を


呼んであるねん!たぶん○○ちゃん会ったことある人」




キタ ━━━ヽ(´ω`)ノ ━━━!!予想通りの展開。わかりやすすぎw




私「えっ誰?」




M子「K子ちゃん♪」




この前ダーツのイベントで会った人だった。やっぱりと思った。




M子「呼んでいい?」




私「待って。確かに仕事探してるとは言ったけど(無職だったら建前上そう言うわな)


今それどころちゃうねんけど」




なんで余裕の笑みで「いいよ^^」って言わなかったんだ私。




M子「でも近くまで来てるし、話だけでも聞いて」




私「話聞くのはいいけど、たぶんこの仕事はしないって言うと思うよ」


と、宣言をしてしまった。


もうちょっと乗っかるふりでもすればよかった。




M子「わかった。じゃあちょっと電話して迎えにいってくるね」






旅行の話は嘘やろ?勧誘するための取っ掛かり的な。


なんてテンプレ通りの展開なのww




M子がK子に電話しはじめる。


「あ、お疲れ様ですー。今ドーナツ屋にいるんで、今からそっち行きますねー。」




この前K子とはタメ口で話してたやん…いかにも怪しいビジネスって感じ。


ちょっと面白くなってきた。




そしてK子を迎えに店外に出ていった。




ここでひっそり帰るのも面白いな^^って思ったけど


稀に見るおいしいネタなので大人しく待ってた。




5分ぐらいしてから、K子を連れて戻ってきた。




K子「どうもー」


私「どうもー^^」




すると、壁側に座ってたM子が荷物を持って私の隣に移動し


K子が代わりに壁側に座って、私の正面に来る形になった。






M子が、私を勧誘した理由をK子に話しはじめた。




「○○ちゃんとはなんかけっこう合うしー、一緒にいて安心やしー、


だから一緒にこの仕事したら楽しいやろなって思って♪」




1年以上会ってなかったのに何をおっしゃる。


ウソくさい演技くさい、本心じゃないやろ?って思うような


しぼり出すようなギクシャクした言い方。






その後どうでもいい話を少しした後、K子は資料の入ったファイルを取り出し


説明に入った。




するとM子が「これ使ってください」と


予め用意してあったと思しきルーズリーフ数枚をK子に渡した。




なーんかわざとらしいなぁ^^それもマニュアルなの?






私が初めから「この仕事はやらない」宣言をしてたので


K子も冷静に、でも隙あらば巻き込んでやろうという空気で説明が進んでいく。




会社名は「ネイチャーズサンシャインプロダクツ(NSP)」だと言っていた。


ハーブのサプリを扱ってる会社だと。




K子「ハーブってどんなイメージですか?」


私「えー?」


K子「ハーブティーとか?」


私「そうですね^^」




創始者が、胃痛か何かで悩んでて、唐辛子の粉を飲んだら治ったらしい。


でも唐辛子の粉をそのまま飲むのはつらいから


サプリをカプセルに詰めることを最初に思いついたのがこの会社です!


という話から入った。




(唐辛子なんて余計に胃が荒れたりしないの?)


って思って笑いそうになった。





それで、この会社がいかに大企業であるかっていうのを


株式の話を持ち出したり、他の超有名会社の名前を出して


「資本金はこの会社と同じくらいです」などと言ってアピール。




私は超不機嫌な顔と声で「うん。」「あー。」「はい。」と適当に返事してた。




その横で「うんうん。」「へぇー!」と、大げさなM子。


薄ら寒いよ。こんなM子初めて見た…いや、だいたい想像はできてた。


ひたすら気持ち悪い。




他にも色々説明されたけど覚えてない。






そして、「ネットワークビジネス」という言葉がここで出てきた。




私があからさまに怪訝な顔をしたので


K子は「あんまりいいイメージ持ってないですか」と聞いてきた。




私「そうですね。友達が勧誘されたって聞いたので。」




するとK子はルーズリーフに




ネズミ講 | 悪徳マルチ | ネットワークビジネス




と、3つに分けて線を引いて、それぞれの違いについて図を描いて説明してきた。


手慣れてるなぁと思った。




やっぱどこも同じような説明するんだね。ネットで見たわw




「ネズミ講っていうのは、物が絡みません。金銭だけです。


悪徳マルチっていうのは、物が絡んできます。ただし粗悪品です。」




うん知ってる。




「まず、アメリカでネットワークビジネスが誕生しました。


それを真似たのがネズミ講です。


日本にはネズミ講が先に入ってきてしまったので、ネットワークビジネスも


イメージが悪いかもしれませんが、ネズミ講とは全く違うんです」




ふーん。




あと、「金持ち父さん貧乏父さん」という書籍の話をされた。




これは以前から名前だけ知ってたけど


ネットワークビジネス関連なのは今回調べててはじめて知った。




そしたらM子が、鞄からその本を取り出してテーブルに置いた。




これもマニュアルなんやろ^^置かれたって指一本触れたくない^^






ウダウダ長い説明が続いて、眠くなってきた。




終わりかけの頃、「権利収入」というワードが出てきた。


これがこの話のメインなんだよね^^




要は、印税とか不動産収入とかのこと。




いったん収入の元になるもの(音楽とか書籍、不動産)を


苦労はするけど作っておけば、あとは何もしないで収入が入るよ!




それがこのビジネスでもできますよ!


しかも、一から自分で会社を立ち上げたりしなくても


NSPという会社がすでに存在するから


年会費を払って製品と会社の口コミをするだけでお金が入ってきます!


しかも、どこぞのマルチ商法と違ってノルマなし!




みたいな話だった。






不動産はともかく、音楽作るのにどれだけみんな苦労してると思ってんねん。




いや、音楽業界の人間じゃないから偉そうに言えないけど


少なくとも貴教を応援してると、そんな軽い気持ちで


権利収入がどうだの


それと同じことができるだの




そんなもんに釣られるわけがない。


ナメんな。




それは個人的感想として






どれだけ、ネットワークビジネスは合法だから~って言われても


合法だから何?友達カモにして収入得ようだなんて私は絶対にイヤです。




K子とはあんまり目を合わさずに、適当に「うん。」「うん。」って聞いて


たまに少し感心するフリをしたり、睨むように目を合わせたりしてた。




M子は私の横でオーバーリアクション。キモかった。






説明は一時間弱続いた。最後の方は半分寝ながら聞いてたw




K子「…と、いうわけです。はい。」




私「はい。」




K子「…」




私「いくら合法って言われても、友達関係にお金が絡んでくるのはイヤなので。


やりません。」


キッパリ、怒った顔で言ってやった。






M子&K子「はっきり言ってくれてありがとう~」




何がじゃ。それもマニュアルか?






一応、ネットでネズミ講、マルチ(まがい)商法、ネットワークビジネス等の


違いってのは勉強したつもりだし、予備知識を仕入れまくって話を聞いたから


説明されたことに心が揺らぐことはなかった。




法に触れてないとはいえ、勧誘手口はネズミ講と何が違うのか


さっぱりわからなかった。




本当は理屈っぽく対応したり、からかってみたり


持ち上げるだけ持ち上げておいて一気に落とすとかしてみたかったけど


さすがにそこまでの知識はなかったので


分厚い壁を作って防御、一切心を開かないっていうのを実行^^






K子は、「説明が終わったら私は帰るんで。」とか言ってたけど


M子と2人になるのは勘弁、一刻も早く帰りたい。


こんな奴もう知らん。どうにでもなっちまえよ^^と思ったから


K子が席を立つより早く時計をチラ見して「私もう時間なんで。」って言って


ちゃっちゃと店を出たw




M子の「え、帰るの?」っていうリアクションが哀れでw




最後に、「頑張って。」って、冷たい笑顔で言ってあげた^^






帰り道、共通の友達に今日のことをメールした。


(って言っても、その友達とM子はとっくに交流ないけど)




「あの子とうとう…って感じやな」って返ってきたw






M子は頭が弱そうで、社会の仕組みも理解してなさそうな感じだけど


腹黒くてあざとい一面もあるから、本気で嵌ってるのかどうか判断しかねる。






あと、マルチとかの勧誘だと告げずに呼び出して勧誘するのは違法って


見たんだけど。




特定商取引法第33条の2 連鎖販売取引における氏名等の明示




ってとこ。






まぁわかっててやってるんだろうけど。










こんな感じでしたとさ^^




いやぁ面白かった。


ネタの提供をありがとうw




気持ちがすっきりしてるのはなんでかなー^^








あの後M子からメール来たから





 ん


  の


   う




って、斜め読みを仕込んだメールを返した^^




罵倒の長文も用意してたけど


いい大人なので、角が立たないようこっちにした。




斜め読みは自己満足でしかないし


向こうは気付くはずもなく、また遊びにいこうって返ってきたけどね^^^^

« ネットワークビジネスに勧誘された(経緯編) | トップページ | 厄を落としてきます^^ »