フォト
無料ブログはココログ

« UNDER:COVER 2 @びわ湖ホール | トップページ | UNDER:COVER 2 @神戸国際会館こくさいホール »

2013年7月10日 (水)

「低音障害型難聴」と診断された

ここ数ヶ月、耳が詰まったような感じがあって
人の話が聴き取り辛いことが時々あったので
先日、耳鼻科に行ってきました。

問診表には「耳が詰まった感じがする」と書いたのですが、
診てもらったところ、特に耳垢もつまっていなくて綺麗だと言われました。

鼓膜の動きを調べる検査をして、それも特に異常はなく
鼻の中に何か薬を吹き付けられ(何の為か不明)盛大にムセた後
聴力検査をすることになりました。


会社なんかの健康診断でする簡単な聴力検査では異常なしなのですが。

子供の頃から耳鼻科とは無縁で、今回が人生初耳鼻科でした。
だから、本格的な聴力検査を受けたのは初めてです。

電話ボックスみたいな防音室にまずびっくりしました。

それでも、外の話し声が聞こえてきて
「防音になってないやん!」って思いましたけどね。

私が行った時間は、たまたま子供はいなかったんですが
大人の少し大きめの話し声ですら聞こえてきて
検査の音が聞こえなかったらどうしよう…と思ったのに
もし泣き叫ぶ子供とかがいたら、検査結果に支障が出るなと思いました。


まずは、健診の時と同じようにヘッドフォンをつけて
音が聴こえてる間ボタンを押す、という検査をしました。

この音が健診の時のものよりも小さいのにもびっくり。
音も、いきなり「ピー」とか聴こえてくるんじゃなくて
徐々に大きくなってまた小さくなっていくので、本当に聴き取りづらかったです。

でもそれだけ精密に検査できるということなんですよね。
健診の聴力検査は簡易なものなんだなぁと思いました(当たり前か…)

次に、検査する側と反対側の耳に色んな雑音を流して
その雑音は無視して、音が聴こえてる間ボタンを押してくださいという検査。





実を言うと、初めに「ここ数ヶ月」と書きましたが
人の話し声が聴き取り辛いというのは
高校生ぐらいの頃にはすでにあったんです。

耳の閉塞感はここ最近になってからですが。

例えば、ザワザワした教室で友達と話をしてても
周りのうるさい子(甲高い声)の話の内容はしっかり聞き取れるのに
目の前にいる友達の話が、声は聞こえても何を言ってるか全然わからない、とか。
「音」としか認識できなくて、「言語」として認識できない。
外国語(英語とかではなく、日本人に馴染みのない言語)を聞いてるような感じと言えばわかりやすいかな。
まさに「日本語でおk」状態。

人と話をしてて、一部の単語だけが聴き取れないなんてのはよくあることで
聞き返さなきゃいけない時はもちろん聞き返しますが
中身のない雑談の時は脳内補完をしてその場をしのぐことも多いです。

あと、マスクをして話されると、ただでさえ声がこもりがちなのに
口の動きから言葉を推測できないので、余計に何を言ってるかわからなくて困ることも。






検査が終わり、検査結果のグラフを見せてもらいながら説明を受けました。

高音域は小学生並みに聴こえてるらしいんですが
(よく「モスキート音」って言って、若い人にしか聴こえない周波数の耳障りな音を流して
若者がたむろするのを防ぐ…というのを聞きますが、私にもまだ聴こえてるのかな)

低音域が左右とも少し(特に右耳)聴こえにくいとのことでした。

グラフが手元にないので詳細はわかりません。
欲しいって言えばもらえたのかな?


結果、「低音障害型難聴」だと言われました。

原因は不明だけど、ストレスが原因の場合もあるらしく
「ストレスとか睡眠不足とかはないですか?」
「最近、引っ越しとか何か大きな出来事はありませんでしたか?」

などと質問をされましたが
「うーん…元々神経質な性格ではあるので…」
って言っときました。

私ごときがストレスなんておこがましい(笑)

そりゃ私だってストレスぐらいあるけどさ。
性格上、ちょっとしたことでもストレスになりやすいってだけなんですが。

でも感じ方が大きければ、結果的には立派なストレスなわけだし
やっぱりストレス溜まってたのかなぁ?(笑)


先月、仕事が忙しくてイライラはしてましたが
上で書いたように、この難聴が高校生の頃からのものなら
最近のストレスは関係ないということにもなるし。よくわかりません。


聴き取りにくくなったのが、ハッキリ「いつから」っていうのがないんです。
ある日突然聴き取りにくくなったとかではなく、気付いたら…むしろ生まれつき?
という感じで。
これが普通、みんなこんなもんだとも思ってたし。


「難聴」って言っても、基本的に日常の会話に支障はないです。
ザワザワした場所で低い声で話されると聴き取りにくいことがあるだけ。
(それを難聴って言うんだろうけどw)
普通は聴き取れるのかもしれませんが、私は聴き取れないのが普通だと思ってました。



一週間後ぐらいに再診ということで
「プレドニン」というステロイド剤を8日分処方されました。

最初の4日間は朝昼2錠ずつ、次の4日間は朝2錠昼1錠という形で。

同時に胃薬も出されて、朝夕飲むように言われました。

ステロイドの長期服用はあまり良くないらしいので
もう一回聴力検査をして、回復していなければ
漢方薬に切り替える、みたいなことも言われました。


ここで、心配事が一つ。

今週末、またライブに行くのですが
行ってもいいのか?ダメなのか?

でも、「行っていいですか?」とは聞けませんでしたwww

「ダメ」って言われたら困るもん。笑

そりゃ、ライブで大きい音を聴くんだから多少は耳に負担がかかるのはわかるんで
行くか?行かないか?ってなったら
負担をかけないためにも、行かない方がいいんだろうなとは思いますが。
今回の難聴が悪化する原因になったりするのかな?

ライブとかでなる難聴はまた別物で、音響性外傷ってやつですよね。
今回の難聴に加えて、音響性外傷にまでなったら困りますけど。
(それが、結果的に「悪化する」ってことなのかな?)

でも、その対策としてライブに耳栓をして行くってのは本当に意味不明。
何しに来たんだって思いません?
ホールだから、ステージも見えるしまだ雰囲気はわかるからいいけど
もしライブハウスだったら人の頭しか見えないわ(←私の場合)、演奏聴こえないわで
本当に何しに来たんだ?ってなる。

だから、土曜日のライブも普通に行きますよ^^

何か耳に異常があったら報告します^^^^

先週もライブ行きましたが、特に耳がおかしくなった感じはなかったので。



ただ、しばらくは飲酒禁止令が出ました。・゚・(ノε`)・゚・。
せっかく梅雨明けしてビールのおいしい季節なのに!



でも、お酒を飲まないと自然と早く寝ることができて
睡眠不足も解消されるかもしれません。

いつもPCの前で、遅くまでダラダラ飲んでるのでw


これを機に、生活習慣を見直して
ストレスをなるべく取り除くように心がけたいなと思ってます。
部屋の掃除もしよう。

« UNDER:COVER 2 @びわ湖ホール | トップページ | UNDER:COVER 2 @神戸国際会館こくさいホール »