フォト
無料ブログはココログ

« オパエウラ水合わせ終了⇒引っ越し | トップページ | 台湾公演ライブビューイング »

2014年10月21日 (火)

キューティムーンロッドが全然キューティじゃない件について

先日発売になりましたね。


結局、柄の色は濃いままだし
羽は淡い金と言いながら銀に近いし
球体も赤すぎるし。

無理だろうと思いながら手紙送ったけど
やっぱりな、という感じです。

天下のバンダイ様に私ごときが意見の手紙送りつけたところで
何の影響もないわけで(笑)



でも私はちゃんと動いた。
無理だとわかっていながら、自分の意見・要望をバンダイに伝えた。

発売されてもまだどっかの掲示板で色うんぬん言ってる人達、
具体的に何か動いたの?
手紙なりメールなりで自分の思ってること伝えたの?

それすらせずに掲示板でグダグダ文句言っててもしょうがなくない?
文句言う資格ない。







色の何が気に入らないかというと

羽→刃物を連想させる冷たい銀(淡い金には見えません)
球体→全くピンクみを感じない、鮮血を連想させる赤

これだけで精神的に不安定になる。


そこにあのショッキングピンクの柄ときたら
見ててもどこにも心理的に落ち着ける部分がありません。


それとも何?

攻撃の武器だから、心理的に興奮状態になる配色にしたってこと?(笑)


確かに昔のキューティムーンロッドは全体的に淡くて子供っぽすぎる色だけど…



月の部分と羽の部分のメッキの色をわざわざ塗り分けなくてもいいです。
よく見るとハートの部分の金も微妙に濃さが違うし。
なぜそんなことをしたの?
色を分けるんなら、羽はパール加工の白にしてほしかったです。

センスなさすぎ。

はっきり言っちゃうけど、配色が下品なんですよ。
昔のおもちゃのような柔らかさもないし
大きいお友達向けと謳ってるわりに大人っぽさというか落ち着きも感じない。
ただただ下品。



アニメ版の
球体→濃い赤ピンク
羽→白
柄→淡いピンク

昔のおもちゃ版の
球体→ピンク
羽→月部分と同じゴールド
柄→淡いピンク

このどっちかにしてくれればいいだけの話なんですけど^^
変なアレンジ加えやがって。


それよりも、色についての文句が多かったことを受けてなのか
発表から少しして画像の色調を微妙に修正して、期待させておきながら
結局実物は最初の色のままでした☆

ってのが一番許せない。




おまけに、色とは関係ないけど
電池を入れる場所がまさかの球体部分wwwww

まあ、苦肉の策というかあれだけ柄が細かったら仕方ないのかと思います。
そこは察します。私も大人なのでね。
でも手袋はめて電池交換しなきゃダメですね。





で、お前買ったの?って言われると

買ってません。



キューティムーンロッドがモチーフのものとしては
指示ボールがすごく気に入ってるけど、やっぱり光って音が鳴る本物が欲しいから
買った方がいいんだろうなとは思ってます。

でも、ありえないとは思うけど、プロプリとは別で
復刻版とか言って、昔のおもちゃを色まで完全再現したものが出たら困るし…


でも、たぶん買うと思う。笑



こんなにボロカス言ってディスってるけど
それほどまでにキューティムーンロッドが好きなんです。わかってほしい。



この、やり場のないモヤモヤした気持ちを満たすために
復刻版星空のオルゴールを買ってしまいそうです。
ゴールドもピンクも両方。
ピンクメッキに飢えてるのかも。

んで、納得いかないまま近々キューティムーンロッドも買うかもしれない(笑)

星空のオルゴール、思い入れはそんなにないけど
無印一挙放送見てて、最終話のあのシーンは泣けた。
当時最終話を見てなかったのか、見てたけど記憶から抹消されてるのか
全然思い出せなかったけど…

普通に持ってても可愛いと思うし本当にこれは買います( ´艸`)


ただ心配なのが、傷・剥げ・異物混入で阿鼻叫喚だったミラーケースと同じ
ムーンライトメモリーシリーズだということ。

変装ペンはそんなに苦情聞かなかったし
ミラーケースで懲りてるだろうし
きちんとした品質で作ってくれると信じて買います。

« オパエウラ水合わせ終了⇒引っ越し | トップページ | 台湾公演ライブビューイング »