フォト
無料ブログはココログ

« ルクアの初売り | トップページ | 沖縄旅行'15 3日目 -古宇利島編- »

2015年1月30日 (金)

沖縄旅行'15 2日目

1日目は那覇に泊まり、2日目は朝から本部町方面へ。


私は朝が苦手なので丁重にお断りしたんですが
母が早朝(4時とか?)から農連市場へ行って、ご満悦で帰ってきました。
昭和の雰囲気が残っててすごく良かったと。
私もそういう雰囲気は好きなんですが、朝起きられないのでww
再開発するだのなんだの言ってるので
その前に行くことができてよかったんじゃないかと思います。



本部町には、やんばる急行バスで行こうと思ってたのに
バス停付近でタクシーの運ちゃんに営業をかけられる…

「美ら海行くの?」と。

那覇からタクシーなんかで行ったらいくらかかるかわかったもんじゃない。

そう思ってかわしてたのですが

運ちゃんが「安くするから」とさらなる営業を。笑

同行した母(初日から靴擦れが痛いとブツブツ言っていた)が

「いいやん。もうタクシーで行っちゃえ」

と。

私、慣れない沖縄のバス事情をネットで下調べして備えてたのに。
えらくあっさりしたもんだね^^^^とちょっとイラついたから

「私1円も払わんからね」と宣言して、全額母持ちで結局タクシーで行くことに^^^^


ゴリ押しきついなぁと思ったけど(笑)、この運ちゃんいい人でした。

途中立ち寄ってくれたビーチ。
曇りなのにこの綺麗さ…
夏で快晴ならどんなに綺麗なんだろう。

004


沖縄は車社会、公共交通機関といえばバスしかないし、本数も少ないし
モノレールはあるけど那覇市内だけなので
地元の人は当然自家用車、観光客はレンタカー移動が基本だと思います。

だから、タクシーの運ちゃんは本当に困ってると言ってました。

私はバリバリのペーパードライバーだし
まして土地勘のないところで運転するなんて恐ろしくて出来ない。
なので今回の旅行もレンタカーなしです。

「帰りはお客さんなしでもいいです…」って切なそうに言ってたのが気の毒…

だから、どっかにちょこっと行く時でも乗ってあげると喜んでくれると思いますよ^^
私は地元でもタクシーに一切乗らないので料金の相場がわからないんですが
母曰く「沖縄はタクシーが安い」ですって。


本部町のホテルに着いて、まだチェックイン時間前だったんですが
手続きだけして荷物を預かってもらい、今帰仁城跡へ行きました。

先月仕事なくて暇だったのに、なぜこの時期に仕事を休んでまで沖縄に来たかというと
桜を見るためです

沖縄の桜は緋寒桜といって、1月下旬から2月上旬あたりが見頃かな。

だから本当はあと2週間ぐらい遅くに来たかったけど
仕事の絡みでこの日程しか無理だったので
少しでも咲いてればラッキーぐらいの気持ちで来ました。

それと今帰仁城跡は、昔修学旅行で来た時に野良犬がいて
(私の記憶が正しければここだったはず)
犬恐怖症としてはこの時点で気が触れそうなんですが
それに追い討ちをかけるように友人が、私が犬恐怖症なのを知ってるくせに
その犬を連れ回そうとしまして。

小1ぐらいの時、学校に犬が乱入してみんなパニックになって逃げ回り
私は真後ろを、本当に至近距離で追いかけられて
生まれつき犬は怖かったけど、それでトラウマレベルの犬恐怖症になったというのに…

私が生まれて初めて覚えた漢字は「犬」ですよ。
それも、1歳とか2歳ぐらいの時に。
狂犬病の予防注射?をした家にステッカーが貼ってあるじゃないですか。
それを指差して「犬!犬!」と連呼してたらしいです(笑)
それほど犬が恐怖だったということで(笑)

私はそこまで犬恐怖症なんだ、ということをうるさく言ってたのに
「何よぉ~いいじゃない(何故か標準語)」みたいな
人の気持ちがわからない子だったなぁ。

正直ブチ切れたし、犬に気を取られて全然見学できなかったので
桜は咲いてなくてもいいから、もう一回来たかったんです。


今は犬好きですよ。触ることはできないけど。
悪意ある人間なんかより犬の方がよっぽど可愛いことに気付いてしまったし^^^^




今帰仁城跡までは路線バスで行きました。
沖縄で路線バスに乗るのは初めてです。
バスに乗る時は、手を上げないと止まってくれないこともあると聞いたので
一応手を上げて合図しましたw
乗る時は前のドアから。
降りる時は、市外線は後払いで前の運賃表を見て整理券とお金を入れるだけ。
外の景色を見ながら、地元民になった気分もちょっと味わえていいです^^


124


今帰仁城跡入口で降りて、そこから20分ぐらい坂を上らないといけませんが
そこからすでに桜並木になっています。


123


ちょうどこの日から桜まつりが開催されていました。


桜の前に、ハイビスカスを見つけたので一枚だけ。笑

005





桜は、木によってバラつきがあって、まだ全く咲いてない木も多かったけど
ちらほらと咲いてました



006


つぼみ。



007


濃いピンク色がとても綺麗です。



009_4


逆光というか曇ってたからか、暗い感じになってしまったけど。



011



013



入場料を払って中に入ります。
実に15年ぶりに来ました。
こんなんだったかなぁ。やっぱ犬で記憶が薄れてるのね(笑)


015


門をくぐると石畳の階段があって
両脇には桜が植栽され、満開時にはきれいな桜並木を見ることができます。
この日(1/17)は全体的にはまだまだ満開とはいかない感じでしたが
木によっては↑こんな感じで、もう少しで見頃な木もありました。



034


薄曇りだったけど、晴れてたら空の青と桜のピンクが綺麗だろうな( ´艸`)



017_2


これも逆光っぽいけどせっかく撮ったので。



037


階段から門を見るとこんな感じ。



032


階段の上から。
ちなみにこの階段は戦後作られたものらしいです。
当時は曲がった道だったのを整備してこうなったみたいです。




020_2


ここはおそらく主郭かと思われます。
もっと事前勉強してから行くべきだった…(ノ∀`)
当時の建物の礎石が現存してるそうです。
この写真の、規則的に並んでる石がそうで
レンガっぽい枠内に建物があったということなんでしょうか。



021


右側に見えるのが志慶真門郭(しじまじょうかく)です。



027


曇っててわかりにくいけど、海が見えてとてもいい眺めです。
ここで記念写真を撮るといいんじゃないでしょうか。



028


志慶真門郭へと下りていきます。
ここも左側には石垣、向こう側には海が見えて絶景でした。



030


下りてきました。



031


ここには住居跡が4つ見つかっていて、炉跡があり
家臣が家族単位で住んでいたのではないかと言われているそうです。


思ったより大きい城跡で、見ごたえがありました。
じっくり見て回るには半日欲しいところです。
見落としてるポイントいっぱいありそう。
でも、桜も少し咲いてたし来てよかったです。



出口あたりで、搾りたてサトウキビジュースを母が買っていたので
ちょっともらってみたんですけど、これがめちゃくちゃおいしかったです(゚▽゚*)
甘いんだけどさっぱりしてて、いかにも「生搾り」という感じの少し青っぽい香り。
写真撮り忘れたのが残念。超おすすめです( ´艸`)


それと、桜のアイスを食べたのですが
こっちもさっぱりしておいしかったです
コーンも普通のワッフルコーンとはちょっと違う感じでサクサクしてて
ついおかわりしてしまった…( ´∀`)ゲラゲラ


126


さすがに2個も食べたら、いくら沖縄といえど寒くて震えましたw


後で調べたら、このアイスは沖縄で有名なビックアイスのものでした。
そういえば青と白の看板だったなー。

そしてこのワッフルコーンは市販のじゃなくて、お店で手作りしてるんだって。
そりゃおいしいはずだわ。

本部町にカフェもあるみたいだから、次はそこに行ってみたいな(*゚▽゚*)






その後はホテル近くの、備瀬のフクギ並木を見に行きました。


129


台風の多い沖縄ではフクギは防風林として使われています。
ましてこの地区は海沿いなので、台風が来たら相当すごいことになりそうです。
だからこういった集落に住む人は、昔からフクギを植えて台風に備えてきたんですね。

この日は風が強かったのに、並木に入ると無風だったので
本当にすごい防風効果があるんだろうなぁと思いました。
あと、夏は涼しそう。

きれいに区画されてて、想像より広かったです。
迷いそうだけど、南北の方向さえ把握していれば迷子にはならないと思います。


フクギ並木に立って、「ここを抜けると青い海が!」みたいな
並木の向こうに青い海と白い砂浜が写った
よくあるベタな写真を撮りたかったんですけど
天気もよくなかったし光の加減か(逆光?)うまく海が写らなかったので諦めました^^
やっぱこういうのは夏に撮るべきだよね。


039_2


観光地化されてますが、普通に民家があって人が住んでいる所なので
入ったら静かに見学しないといけませんね。



140


中には民宿が数件あったり、貝殻細工の店があったり。
のんびり森林浴できて癒されました。



127


すぐ隣のビーチ。
私はここで根暗丸出し☆貝殻拾いをしました(笑)
こういうことしてる時が一番心が落ち着く。←
人工ビーチではない自然のままの砂浜です。夏に泳ぎに来たいな。



それから、前から気になってたカフェ「チャハヤブラン」でお茶しました。
フクギ並木の入り口から少しだけ歩いた所にあります。


131


これは季節限定だったかな?
マンゴーのシフォンケーキ(だったと思う…)です。

甘すぎずしつこくなくておいしかったー。


それと、「サンセット」という紅茶を。


133


ポットで出てくるのが嬉しいです

これ、何の茶葉だったかな…
いつかどこかで飲んだような記憶。
昔、にわかに紅茶にハマってた頃があるんですけど何か思い出せないー。

ちなみに母は「お腹いっぱい」と言ってコーヒーだけ頼んでました。
普段カフェとかでお金を使うのを「もったいない」と言う母ですが
旅行の時は別らしい。
そして、舌が肥えてて味にうるさいのですが
「ここのコーヒーおいしい!」と絶賛していました。



135


ちょうど夕暮れ前に来たんですが
海の向こうの伊江島と夕焼けがとても幻想的な雰囲気にしてくれました。
すごく落ち着いたアジアンテイストのカフェで
来店するならサンセットの少し前ぐらいを狙って来るといいかもしれません。
すごく気に入りました。超オススメだけど本音は人に知られたくない感じのカフェです^^


137


なんだか高級そうなお猫様がいらっしゃいました。
スタッフの飼い猫でも、ここで飼ってるわけでもなく
住み着いてる(?)そうです。



138


内観が東南アジアっぽい反面、外観は沖縄の古民家風です。
というか実際そうだったのかもしれないですね。



139


水、木曜日がお休みです。
また来たいな(*゚▽゚)

お店のお兄さんもいい人でした。
沖縄の人優しい人多いよー。




晩ご飯は「やんばる海の駅」内にある
海邦丸というお店で。


142


ここでようやくビールにありつけました^^

お刺身盛り合わせ定食とグルクンの唐揚げにしました。

お刺身には、種類の書いてある紙が添えられていました。
「ウキムルー」というのは「ヒレナガカンパチ」のことで
「ガーラ」は「ロウニンアジ(ヒラアジ)」で
「チョウチンマチ」とは「ハチビキ」のことなんですって。

どれも癖もなく、おいしくいただけました

グルクンの唐揚げは、頭からまるごと骨まで食べられるので
魚は、味は好きだけど骨を選り分けるのが面倒であんまり食べない私にとっては
好きな料理ですwお刺身も同様。





なんかものすごい長文になってしまった…

3日目に続く。

« ルクアの初売り | トップページ | 沖縄旅行'15 3日目 -古宇利島編- »