フォト
無料ブログはココログ

« 明日から三連休^^ | トップページ | 真面目系クズの定義とは »

2016年3月21日 (月)

「OKICAは死んだ」のか?

酔っ払ってるのでまた暴言を吐きます。

いや、酔っ払ってなくても吐くけど。





小学生からの沖縄好きで、ここ最近は年に数回沖縄に行っています。

運転免許は持っているけど、いわゆるペーパードライバーです。


そうなると、移動手段はタクシー、バス、モノレールになってしまう。

タクシーは高いから無理。
モノレールは現時点では那覇市内だけ。(浦添まで延伸するみたいですね^^)

じゃあ、バスしか移動手段がない。



でも、バスっていうのはどうにも不便なイメージ。
それは自分の地元でも思うこと。

・小銭を用意していないと面倒。

・時間通りに来ない。

・乗ったはいいが、目的地がこのバスで合ってるのかよくわからなくて不安。

・電車と違って乗り間違えたときに半端なく焦る。
(電車も乗り過ごしや乗り間違えの場合、引き返すと無賃乗車扱いになるらしいですが
そこは故意にやったわけではないということで常識的な判断がなされるのが普通でしょう)


地元でもめったに乗らない路線バスというものに
土地勘のない旅行先で乗らなきゃいけないなんて…
そりゃもう最初はドキドキしながらでしたよ。

去年の遠征の時のこと。

空港に着いて、モノレールでバス停まで行って
目的のバスにやっと乗れたと思ったのも束の間。

「那覇高校前」を「那覇空港前」に聞き間違えまして。
かなり焦りました。
また空港に戻されるの!?ってw
今ではいい思い出www


※「那覇空港前」などというバス停はありません(笑)



でも、バスなび沖縄という乗り換え案内とOKICAのおかげで
私がバスに対して不安に思ってることはほとんど解消されました。



その、OKICAというものについてなんですが。

交通系ICカードですね。

Suica、ICOCAなど全国各地にありますね。

そしてその交通系ICカードが、数年前から全国で相互利用できるようになったと。


私もICOCAを、専門学校生だった10年前に定期券として利用していました。
だからいまだに券面には「20才」と書いてあります(笑)

定期券としての期限が切れても、普通にチャージして使えます。

でも今はほとんど使わない。
なぜか?

まず、そもそも私はJR沿線に住んでいません。
だから、普段は出番がありません。
JRを使うのはライブの時ぐらいだから、わざわざチャージしたICカードを持たなくても
現金で切符を買えばいいと思ってました。

でも、ICOCAを使っていなかった10年近くの間に
阪急の電車やバスでも使えるようになってたんです。
浦島太郎状態でした。

じゃあ出番がきたね!と思うはずです。

ところが、阪急電車には休日限定の割引回数券がある。

基本的に土日しか電車に乗らないので
ICOCAを使うよりも、その回数券を買った方がお得なんです。

じゃあJRは?となった時。
JRにも、昼特きっぷというものがあるので、それを使った方がお得なんですw


そんなかわいそうなICOCAを盛大に使ったのは、去年のイナズマのフードエリアで。
これは本当に便利だったから、今年も使えるといいなぁと思ってるんですが。

肝心の、交通機関での利用はイマイチ…という感じです^^



それで、OKICAに話を戻します。

全国相互利用できるようになったICカード各種ですが
OKICAは相互利用できないというのです。

だから私はICOCAとOKICAの2枚を持っています。

相互利用できるなら1枚で済んだ。
デポジットだって、1社で済むものを各社500円ずつ(1000円)払ってる。

でも

だから何?

という感じなのです。


別に2枚持ってたって何の問題もない。
1枚増えたところで保管や持ち歩きに何の不便もない。

デポジットだって、いらなくなったら返ってくるものでしょ。


関西では個人的にあまり出番のないICOCAも
沖縄で使えたら、そりゃ便利です。それに越したことはない。


でも、不便ではない。


OKICAのデザイン可愛くて気に入ってるしw



観光客がわざわざデポジットを払って買うか?とな?


私は、わざわざデポジットを払って買いましたよ。

私個人が年に何回も行くからこそ言えるセリフかもしれませんが。


Img_1691


右のカードはOKICAの利用明細です。

最新の18件が表示されてます。
かなりお世話になってるなぁ。しみじみ。



OKICAは価値がないとな?

その、価値がないとおっしゃるものをわざわざ買ったんですよ、私は。


なんか小難しい、もっともらしいことを言ってOKICAをディスってるけど
私自身は便利に使ってるし、相互利用できたら1枚で済んだのに…とか思わない。
むしろ2枚持ってることがステータスw

観光客がわざわざ買うわけないとか、価値がないとか言われたら
私自身まで否定されたような気分になるわな。
あなたにとって価値のないものは、誰かにとって価値のあるもの。
もっと視野を広げたほうがいい。


「Suicaがゆいレールで使えないの!?」
というのは、自己中心的な都会者の考え方ですよ(笑)




県やICカード会社の、コストがどうのという話は個人的にどうでもいい。

県やICカード会社に文句をつけたいだけならそこに焦点を当てればいい。


そこで

観光客の利便性ガー、県民が本土に行った時の利便性ガー

とかいう次元の話を持ち出すのであれば



少なくとも私個人の観光客目線からしたら、全く不便ではない。


1枚で済もうが2枚持たなきゃいけなかろうが、そんなこと大した問題ではない。

ICOCAを持ってるにも関わらず、長年使わずにいて
存在すら忘れかけた頃の去年、10年ぶりに引っ張り出してきて
それでも普段は、前述の割引切符各種を使ってる身としては
ICOCAの存在感は非常に薄く、あってないようなものなんです。


だから、それとは別にOKICAというICカードを買うのに抵抗がなかったとも言えるけど。


関西ではICカードの普及率が関東に比べて低いというのは
そういう割引切符があるからというのも頷ける。

ICカードを持ってすらいない…って人も少なくないと思う。





OKICAは死んでいません。



OKICAのおかげで、車の運転できない私は
楽しく路線バスの旅をさせてもらってる。

地理にも詳しくなりました。

次はどこ行こうかな~って、グーグルマップを眺めて最寄りのバス停を探して
乗り換え検索をして…
って、楽しく旅行計画をさせてもらってる。



「だから~、相互利用できたらそれが1枚で済むんだって!」

ということが言いたいのもわかります。


県やICカード会社に、コスト云々と言って文句をつけたいのか
利用者の立場から利便性に文句をつけたいのか

どっちなの?

どっちも?


全国的にも数年前までは相互利用ができなかったわけだし
沖縄でICカードが導入されたのすら最近です。

ICOCAを使う習慣がなかった私としては、相互利用の恩恵を実感していないので
カードが使えるだけでもありがたい、という考え方なのです。


コスト云々に文句をつけたいなら、ブレずにそこだけを叩けばいい。

「価値がない」だの「観光客が買うわけない」だの
余計なことを言わなければよかったね^^




ここに書いたことは、私個人の意見です。

普通、年に何回も同じ場所に旅行しないだろうし
レンタカーを使う人が大半だというのもわかってる。

私が少数派だというのは理解しています。
でも、このような意見があるということも理解していただきたいです。


私は、自分の意見をさも全体の意見であるかのように言う人が苦手です。

だから私はここでも、「あくまで私個人の意見です」としつこく言ってる。


声の大きい人がいるなら
私はもっと声を大きくして言おう、というポリシーなもので^^


ガキの頃から負けん気が強いので。

一回殴られたら三倍にしてやり返せ、って言われて育ったので。

« 明日から三連休^^ | トップページ | 真面目系クズの定義とは »