フォト
無料ブログはココログ

« 2018年2度目、沖縄の旅。2日目 | トップページ | 2018年2度目、沖縄の旅。4日目(最終日) »

2019年1月 6日 (日)

2018年2度目、沖縄の旅。3日目

3日目は、朝ご飯を食べたらレンタサイクルを借りて
(レンタサイクルがあるのもお気に入りポイントの一つ)
いつもの某浜へ。

ここでは、人気と言われてる割には誰かに会ったことって少ないんですが
この日は先客の姿が…
手には袋のようなものを持ってる…

あーあ…

それでも残り物には福があるかもしれない。

しかし暑い…

そうしてる間に次の人も来て…

貝殻もチラホラ見つかりはするものの、いつものメンバー。

うーん。
残念だけど次の現場に行こうかしら。

ここはサンゴ礫がとても多い。
そこから貝殻を掘り出すことが肝心。

やっぱり機内持ち込み対策のプラスチックの熊手じゃダメだぁ。
スカイマークは預け手荷物1個無料らしいので
次もスカイマークで来て、預け荷物に金属製の熊手を入れておこう…


次の現場です。

P1030252

デジカメで撮ったんですが、カメラのレンズにゴミがついていたせいでこんなことに…

Img_1190

こっちはスマホ撮影。

スマホで取ると黄みがかるからなぁ…


午後からは観光をする予定なので、あまりじっくり貝拾いというわけにいかなくて
こっちの現場も今日は微妙な収穫かな…と思ってたんですが
諦めて帰ろうとした時に、欲しいなと思ってた貝殻が見つかりました。
これは神様からの贈り物かな??


信心深くない私がわりと本気で神様に感謝をしつつ、名護バスターミナルへ。

77番に乗りました。
辺野古を通って那覇に行く長距離路線です。

Img_1192

潟原(かたばる)というバス停近くからの風景。
ちょうど干潮時刻だったから本当に「潟原」って感じです。


沖縄市の美里入口で52番に乗り換えて

Img_1193

勝連城跡に来ました。

Img_1195

いい天気でしょ~どやぁ^^
ここは世界遺産であるにもかかわらず入場料無料なんですよ。
バス停の目の前だからアクセスもいい。

P1030253

デジカメ撮影版
(さっきのビーチ写真よりマシだけど家で見るまでレンズの汚れに気付いていなかった)

勝連城跡は、一番高い場所である「一の曲輪」から「三の曲輪」まであるのですが
(四の曲輪もあるようですが)
日が傾く前に…と思って、まずは一の曲輪に直行して写真を撮り
二の曲輪、三の曲輪と下りてきながら各ポイントを見学しつつ写真を撮っていました。
でも、ここに載せていく順番としては三の曲輪からいきますね。

Img_1196

P1030254

スマホとデジカメの二刀流したせいで無駄に写真が多い…

P1030266

この木の傍らに石が並べられていますが
この石は、祭祀の時に神人(カミンチュ)が腰掛けるものだそうです。

P1030270

この円の部分にはすり鉢状遺構が埋もれていて、2つ見つかっていて
水をためておく施設だと考えられているようです。

P1030267

二の曲輪基壇です。
あまりしっかり見なかったのでピンとこないのですが
この説明によると、二の曲輪にあった舎殿は少なくとも二度の建て替えがあったことが
推測されているとのことです。

P1030268

三の曲輪城門です。
ここにかつて内郭の門があったようです。

P1030269

全体図です。

P1030271

反対側から。


次は二の曲輪いきます。

P1030262

P1030263

ここはウシヌジガマといって(ウシヌジ=身を隠し凌ぐ、ガマ=自然洞穴)
危険が及んだ際に逃げ込む場所だったとのこと。
後ほど載せますが、ここは一の曲輪にある「玉ノミウヂ御嶽」脇の洞穴と繋がっていて
阿麻和利さんはここを抜けて今の読谷村まで逃げ延びた伝説があるそうですよ。

P1030264

この広場が殿舎跡です。

P1030265

反対側からも。


また、ここでは沖縄らしく火の神が祀られていたりもします。


P1030260

これは一の曲輪階段です。
敵軍の侵入などの際の最終防御ラインとされていて
上るにつれて階段幅が少しずつ狭まる構造になってるんですって。
それ以外にも敵を撃退する様々な仕掛けがされているそうです。


では、いちばん高く見晴らしのいい場所、一の曲輪にいきます。

P1030255

P1030256

P1030257


せっかくなんでスマホで撮ったものも。

Img_1197

Img_1200

Img_1201

金武湾、中城湾、海中道路とその先の離島などが一望できます。

うーん…私の写真が下手くそなのか?
実際は絶景なので…w


P1030258

これが、玉ノミウヂ御嶽。
そして先ほど触れた「ウシヌジガマ」と繋がっているという洞穴です。
岩は神聖なものなので登らないでと案内板に注意書きがありますが
早速登っている人を見てしまいました。
まぁ…知らないとはいえね…
こういうところに来たら、歴史に熱心じゃなくても案内板をさらっと読んだりしないのかな。
せっかく来たんだからさ、ちょっとはそこにあるものがどういう歴史や意味があるか
見ていけばいいのにね。もったいない。



P1030272

P1030273

P1030274

P1030275

下りてきてからも無駄に写真を撮りまくってしまった。

そこまで歴史に熱心ではないですが、何かと興味深くて
合計1時間はいたような気がします。

階段が整備されているとはいえ、やはり上るのに危険な場所もあるので
足腰に自信のない方などは気をつけてください。
あと、ヒールで来ちゃダメですよ…いくらおしゃれしたくてもスニーカーが一番。


本当はこの後、近くにある山羊汁のお店に行きたかったんですが…
時間も時間だしと不安になり諦めてしまいました。

向かいの休憩所でお土産を買い
バスの時間まで展示物や周辺の観光スポットの案内を見て過ごしました。

あー、ミニミニ動物園か…
ここの併設のたまご屋さんのシュークリームおいしいらしいから食べたいんだよなぁ、
なんて思いながら。

そしてバスに揺られ、乗り換えのため江洲というバス停で降りた私は
ふと思い立ってしまったのです。

これ、もしやこのままミニミニ動物園行けるのでは???

って。

まだ余裕で営業時間だし。

名護行きのバスもまだまだ時間余裕で間に合うはず。
もう帰りが遅くなっても問題ない。行くしかない。

Img_1203

来てしまいました^^
けっこう、15分か20分ぐらい歩いたけど余裕。

Img_1204

よくわからんまま中に。
小型の魚(グッピー)などが泳ぐエリアがあったり

Img_1206

Img_1211

Img_1214

鳥が多いような?
(私が鳥ばかリ撮ってる説もある)

Img_1215

駆け足で見て回ったので全体は見れてない気がしますが
思ったよりかなり広いです。

Img_1216

ピカさん(左耳折れてる)とガメさん。

Img_1217

ウサギちゃん

Img_1220

Img_1221

やっぱり鳥しか撮ってねえ…

Img_1222

ザ・和風

Img_1223

そしてシュークリームをいただきました。
いくつか種類がある中の、これはジャンボシューです。
140円だったかな。
大きいけどしつこくなく、あっさり1個食べてしまいました。おいしかった。

本当はもっと動物のいるエリアがあったと思うんですが
もう暗くなりかけで、行っても見えないと思ったのでまた機会があればですかね。

帰りのバスは赤道十字路から乗ることに。
これがなかなかバスが来ない…
まぁバスとはそういうものです。
沖縄に限らず私の地元も車依存率が高めなので
「バスは時間通りに来るものではない」との認識で育っています。

結局20分ぐらい遅れてきた気がします。77番。

来た時と同じ道を帰ります。
潮が満ちた海と、その上に浮かぶ月がきれいだったな。


この日は冬至だったので
私もせっかくなら沖縄の習慣を…と思って
スーパーでじゅうしいを買って晩ご飯にすることに。
フーチバー(ヨモギ)好きなのでフーチバーじゅうしいを。

Dsbufferbmp


4日目に続く。

« 2018年2度目、沖縄の旅。2日目 | トップページ | 2018年2度目、沖縄の旅。4日目(最終日) »