フォト
無料ブログはココログ

« 2018年2度目、沖縄の旅。4日目(最終日) | トップページ | 仕事辞めました »

2019年1月 7日 (月)

沖縄バス旅のススメ。

日本でも有数の車社会と言われてますね、沖縄県。

電車がありません。
那覇市内のモノレールだけ。

地元民も、観光客も、「自動車」一辺倒。

ラッシュ時の自動車平均走行速度が全国ワースト1だとかなんとか。


公共交通機関といえば、バスやタクシーなのでは。

だから、学生時代はバス通学していても
免許を取ったらバスには乗らなくなる人がほとんどなのではと思います。

一家に一台どころか「一人に一台」とまで言われていますが
(本当か…?)

慢性的な渋滞や車の多さで、様々な「暮らしにくさ」が生まれているとして
「わった~バス党」が、県民にバスの利用を呼び掛けているようですが
反応はイマイチのような気がします。

うーん…なんか、観光客の私から見てもテンションの空回り感が否めない←

もちろん、「バスを利用しよう」という呼び掛けは素晴らしいと思いますよ。



私は、運転免許は持っていますが
ペーパードライバーですので
路線バスや高速バスをフル活用して観光しています^^


でも、観光客のほとんどは
「レンタカーを借りるのが当たり前」みたいになってますよね。


「レンタカーがないとどこにも行けないよ」
などと
「おい、さすがにそれはないわ」と思うことをのたまう人までいます。
情報収集能力低すぎて笑っちゃう。
受動的なんだね。
テレビとか雑誌に一方的に与えられた情報だけを見て
自ら調べて考えようとしないんだね。



地元民も、観光客も、バスをはじめとした公共交通機関を使わない…
その原因を考える必要があると思います。

「車の方が圧倒的に便利だから」はナシで。
そんなことはわかりきってることです。
それ以外の理由を探すのです。

車だってメリットばかりではありませんし。


では仮に、バスではなく、「電車」があるとしたら?
電車なら積極的に使うのか?

電車がなくても
・バス代が安くなれば、積極的に使うのか?
・ハワイとは地形が違うから実現は難しいだろうけど、ハワイのように島内一律料金、
 もしくは距離によって変わりはするけど、もっとシンプルな料金体系なら?
・時間通り(遅延5分以内)に来れば?
・路線図がわかりやすければ?
・本数が多ければ?


そういうことも含めて

「バス」が敬遠される理由、を探らなければならないのです。




私だって以前は、地元ですらバスに乗るのは苦手でした。

・ぴったりの小銭が必要だからネットで料金を調べてから乗る(両替やチャージは面倒だし後ろに気を遣う)
・時間通りに来ない
・路線図がわかりにくい(バス停名がローカルすぎ…)
・乗り間違えた時の時間的金銭的精神的ダメージ


電車なら、これらの心配をする必要はありませんから。
事前に切符を買うし(チャージも券売機でできるし)
人身事故やトラブルがない限り時間は正確だし
バスよりは路線図駅名わかりやすいし
万が一乗り間違えた、乗り過ごしたとしても引き返せるし
(故意にやったわけではないので常識的判断がされるはずです)





地元の人達は毎日の通勤や、通学の送り迎えや、買い物なんかの生活があるわけで
マイカー中心になってしまうのは仕方ないと思うのです。
それは私がとやかく言えることじゃない。

でも、地元の人達(例:わった~バス党など)自身が
「バスを利用しよう!」と呼びかけてるなら
それは素晴らしいことだし大いに賛同します。


ただし、観光客のレンタカーの増加…

これは大きな問題ですよ。

「わ」ナンバーでは足りず
「れ」ナンバーまで新設されて。


観光ガイドブックが、レンタカー利用を前提にしていることが大きな原因では?
と思うんです。

特に、る〇ぶ、ま〇ぷるなんかの
若年層を意識した、テンションが高めで文字も写真もごちゃついたガイドブック。

その中で、いくつかプランが紹介されていることが多いと思うんですが
(雨の日プラン、ファミリーで、カップルや友達同士で…みたいに)
どれを見ても

「空港に着いたらレンタカーをピックアップ♪」

とあるので。

まるでバスなど存在していないかのような書きぶり。

どうでもいいけど「ピックアップ」って言葉のチョイスも全身痒くなるな。
何かっこつけとんねん。何サラっとレンタカー借りられるように書いとんねん。

どうせお前ら夏(ハイシーズン)しか行かんやろ?
空港に大量にいる他の観光客と共に、ベルトコンベアみ
たいに
機械的にレンタカー会社の送迎車に乗せられとけ。
「ピックアップ」なんて自分主体の単語使うの恥ずかしくなるぞ。

ピックアップされるのはお前らやぞ。




バス利用のプランが一つぐらいあってもいいと思うんですがね。

大人の事情ってやつですか?^^
ズブズブですか?^^

あと、南の島でオープンカーでドライブ♪みたいなイメージがあるもんね~^^

オープンカーのレンタカーなんて一体どれぐらいあるのよ?
浮かれてんじゃないわよ。
だいたいみんな普通の乗用車だわよ。


ガイドブックがこんな体たらくで、読む側もろくに調べもしないから
「レンタカーがないとどこにも行けない」と刷り込まれ
ペーパードライバーも無理して運転してしまうし
普段から運転する人も、慣れない土地でカーナビ頼りのノロノロ&急ブレーキ運転だし。


外国人の運転に関してはもはや論外ですね。
いくら国際免許だかがあっても、外国でよく車に乗ろうと思えますね。
乗るなとは言わないけど。
偽造の国際免許なんて使った人は、もう今後一切入国禁止でいいです。



最近、10年ぶりぐらいにガイドブックを2冊買いました。

1冊は、「車を使わない旅」を提案するというコンセプトのもの。
もう1冊は、基本はレンタカーだけどバス情報が「比較的」詳しく載ってるもの。
どちらもターゲットの年齢層が高めなのか、内容は落ち着いていますが
シンプル過ぎることもなくいい感じ。

でも、こういうガイドブックがバス旅を提案してもあんまり意味ない。
それを買う人は初めからバス旅を視野に入れてるんだから。

「沖縄旅行=レンタカー」
と思ってる、上で挙げた若年向けのチャラいガイドブックを読む層にこそ
「バスの旅もあるよ」と提案しなきゃ。



だいたい、こう言ってはなんですけど
若年層向けガイドブックのプランで出てきがちで
初めての観光客がとりあえず行く所って

・首里城
・美ら海水族館
・国際通り

最近では
・アメリカンビレッジ
・斎場御嶽

とかですよね。

あとは、ビーチで遊びたい!とか。


はっきり言って、バスやモノレールで行けるところばかりなんですよね。


じゃあ、目の前にビーチがある恩納村あたりのリゾートホテルに泊まる前提で
これをバスで回るプランを考えてみよう。
2泊3日で、飛行機の便は往路は早め着(午前)、復路は遅め発(夕方)を想定してます。

1日目
那覇空港到着
首里城
アメリカンビレッジ
ホテルチェックイン

2日目
美ら海水族館
(近くにある備瀬のフクギ並木も散策したり、時間があれば今帰仁城跡も行くといいです)
ビーチで遊ぶ

3日目
ホテルチェックアウト、那覇市内へ
斎場御嶽
国際通り
那覇空港出発


はい、全部回れるね。

荷物は適当にコインロッカーに預けてね。
首里城にもあるし、パレットくもじにもあるよ。


一見、荷物も積めるし自由そうに見えるレンタカーも
「レンタカーそのものが荷物」になることだってあるのでは?

あんな大きな塊と移動するなんて…

慣れない土地で、カーナビ頼りで、普段乗り慣れてるのとは違う車で…


例えば…

ラッシュ時の渋滞。(バスには「バス専用レーン」がありますので^^)
事故。(Yナンバーと事故ったら厄介ですよ?)
駐車場探し、満車の心配。
ガソリン入れ、満タン返しの鬱陶しさ。
借りる時、返す時の待ち時間、手続きでの時間ロス。


その点、バスは自分の身一つでいけますからね。


酒好きの私にとって、バスはなくてはならない存在です。

那覇で飲んで、遅い便で宿泊先の名護に向かって…ってこともしたことあるし
昼間でも、酒造所で泡盛やビールを試飲したりもできるし。

もちろん、みんながみんな酒好きじゃないのはわかるし
グループ旅行だと、飲みたい人・飲めない人で適宜運転を交代してるんだとは思うけど
一人旅かつ酒好きの私にとっては、レンタカーは逆に足かせになる。



ただ、バス旅で困るのが
キャリーバッグなどの大きい荷物なんですよね。

私はLCC機内持ち込み重量制限対策で
荷物自体を最小限に&キャリーではなくリュックにしているので
路線バスに持ち込んでもそこまで邪魔じゃないんですけどね。

旅慣れていないと、無駄に大きいキャリーにいっぱい荷物を詰め込みがちです。

なるべく荷物を小さくしてバスに乗るといいと思うのです。





路線バス周遊パスは今後も通年販売されるんでしょうか。
ぜひしてほしいと思います。
そうすれば、観光客も悪名高い「OKICA」を買わずにいけるのでは?^^




公共交通機関って、すごく大切なものだと思います。

高齢者、体の不自由な人などはもちろんのこと
全ての人にとって、なくてはならないものです。

自分が年を取ったり、たとえ一時的にでもケガを負ったりして
車を運転できなくなった時のことを考えられる人、どれぐらいいますか?

「バスなんかいらない」と言ってる人、
いつまでも自分は若くて健康だと思っていますか?

全国的に、存続が危ぶまれている(廃線になってしまった)路線って
どれぐらいあるんでしょうか。

今、路線バス旅の番組が流行っているのも
そういうことを考え直してもらうためでもあるのでは?

利便性ばかりを追い求めた結果
何か大切なものを失ってはいませんか?



観光客のレンタカー(ハイシーズン)が2割減ればどうでしょうかね。
少しは渋滞も緩和されますかね。

地元の人のマイカーを減らすことについては
私がどうこう言えることではないので。
もちろんマイカーが減るのはいいことだとは思いますよ。
でも「減らせ」なんて言えない。それは地元の人しか言っちゃいけない。


レンタカー台数が自家用車に比べて少ないからどうの…って意見もあるけど
地元の人が全員、毎日那覇に通勤通学したり出かけたりしてるわけじゃないでしょ?
観光客はほとんど那覇を通らなければ行き帰りできないんですよ。




最後に、バスの運転手さんにお願いです。

次のバス停のアナウンスは、すぐにお願いします…
1つずれてることがよくありすぎて…
バスに乗りながらよく聞いてると
アナウンスし忘れると「ピロリンピロリン♪」と音が鳴るようになってるのか
数年前に比べると大幅なずれは見られなくなってるようですが…
毎回仕事でバスを走らせてて、経験上
「このバス停で乗り降りする客はほとんどいない」
と思ってるのかもしれないですが
今時はどこにどんな観光客がいるかわからないので
思いもよらないバス停で降りたい客がいるかもしれませんよ…

私は慣れてるからいいけど、ボーっとしてる人とかだと乗り過ごしますよ…

運転が豪快なのも愛想が悪いのも構わない。
遅延もある程度は仕方ない。

でも、これだけはしっかりやってください…

« 2018年2度目、沖縄の旅。4日目(最終日) | トップページ | 仕事辞めました »