フォト
無料ブログはココログ

« 2018年2度目、沖縄の旅。4日目(最終日) | トップページ

2019年3月 1日 (金)

仕事辞めました

もう、耐えられなかった。

私は息絶えました。


原因?
そりゃもう色々よ。
一つじゃないよ。
ガキの喧嘩じゃあるまいし。


原因①
おサボリさん。

このブログでも何度か出てきてる。

私が数年前に上司(当時)に相談して注意してもらい
さらにその後、席替えまでして上司の監視が行き届くようにしたが
今は新しく来た上司のうち一人は病休で不在だし
一回あたりの時間を短くして回数を増やすという方法でしぶとくサボリを続けてる。

そこまでしてサボリたいの?
何なの?
バレてないとでも思ってるの?

そのくせ
「自分が忙しい時期には周りが電話を取ってほしい」
と上司に相談したらしく。
何様?
厚かましすぎて呆れてしまった。ただ電話取りたくないだけでしょ。
その上司も、前の上司からサボリのことを聞いて知っているはずだし
私も改めて言ってあるのに、一言も注意してくれない。
なのにそういう相談はすぐに対処するという…


この怒りと理不尽さを表す言葉が見つからないわ。


おサボリさんって呼んでたけど
「ナマケモノ」と呼ぶことにしよう。



原因②
チンタラさん。

こいつも何度かブログに書いた。


ヤツが来たのは2年前の6月。

過去に何度も長期の人手不足に陥ってウンザリしていたこともあり
「今回は意外と早く次の人見つかったなぁ」
と思ってほっとしたのも束の間。

「ヒト」が来たと思うよね?普通。
個人差は多少あれど、順調に仕事覚えて常識的な振る舞いしてくれると思うよね?

でも、それは「ヒト」ではなく、とんでもない「チンパンジー」だった。

あっチンパンジーに失礼か…まぁここは許してもらおう。


チンタラさん改め「チンパンジー」だわ。


仕事が驚異的に遅い、覚えが悪い。
そのくせ態度が悪すぎる。
席を立つ時、イスを中に入れていかない。
昼休み、私が休憩してるにもかかわらず隣でガチャガチャ作業をしてうるさい、迷惑。
書類のしまい方が雑すぎてファイルから飛び出てる。
整理整頓しながら仕事をすることができないから、机の上がぐちゃぐちゃで忙しそうに見える。
個人情報入りの書類を紛失したことがある。(周りに散々迷惑をかけた末、見つかったけど)


褒めるべきところが一つも見つからないんだけど…本当に…

人って、長所が何か一つでもあるはずなんだけど。


あぁそうか、ヒトじゃなかったな。


お前ができない仕事を全部やって
お前になるべく影響がないように、休みを取る日も気を遣って
そうやってお前に人並み(ヒト並み)の給料稼がせてやってたのは誰やと思ってんねん。

アホらしいわ。

私の業務内容に「チンパンジーの飼育員」って含まれてましたっけ…???


自分が仕事遅いのを、年齢のせいにして
私のことを20代だと思って(30代だって言ったけど理解してる?)
私が仕事早いのは「若いから」だと思ってやがるのもすごく腹が立つ。

ほんならお前、私と同じ年に戻ったらこんだけ仕事さばけんのか?
無理やろ?
逆に私がお前ぐらいの年になったらお前並みにチンタラ仕事するようになるんか?
違うやろ?
確かに加齢で視力の衰えとか頭の回転の鈍りはあるかもしれんけど
お前と同年代の他の人はもっと仕事できるし人間としてもしっかりしてるわい。

なんで年齢のせいだけだと思うの?
相手が仕事早いのは、その人個人の努力の結果だという考えに至らないの?
仕事の出来具合を年齢のせいにするなんて
仕事できる同年代の人にも、努力してる若い人にも失礼と思わんの?

自分が仕事遅い原因が全然客観視できてへんやん。

ちなみに私が仕事早いのは、訓練されてるからだよ。
大げさでも何でもない。
「訓練」されてるから。
「時間内に終えないと0点」の世界にいたから。


こいつといたら血圧が上がる。
今年度の健康診断の時、直前にこいつのせいでイラついてたからか本当に上がったし。
いつもより10~15高かったぞ。
低血圧の私がこんな数値叩きだしたの初めてですわ。


チンパンジーが来てから2年弱、仕事以外の記憶が薄い。

それまでにも、もちろん職場でのストレスはあったけど
まだ「辞めたい」とまでは思ってなかった。
遊びも楽しめてた。

それ以降のプライベートな記憶が(ないわけではないけど)消されかけてる。
iPhone内の写真を見て「こんなことあった(買った、行った)な」と思い出す。

私は、自分で言うのも何だけど
記憶力はいい。

でも、ここ2年弱は
記憶や思考に霧がかかってる。

今が何年何月何日かわからなくなる時もあった。
実際の日付と、自分の中の季節感覚や時間経過の感覚が乖離してるというか。
季節の移り変わりにも関心を失った。

この文章を書くのも、何日もかかってる。
思考をうまく文章にできない。

どんだけ仕事(クソチンパンジーの世話)がストレスか…?

辞めたいと思い始めたのはいつだったか。
記憶にある限り、去年の今頃にはすでにかなり精神的にきてたからな。
辞める気で
「職場の私物を引き上げてこようと思う」
ってツイッターに書いた覚えがある。


まぁ、こんなチンパンジーやナマケモノのおかげで
私が仕事できる優秀な人間に見られてたのは唯一いいことだけど
それで給料が上がるわけでも何でもないからね。

そういうのも、アホらしくなった原因の一つ。



原因③
よく吠えたまに噛み付くデブ犬。

こいつがまた曲者で。

普段は明るくしっかりした人、という印象だけど
実はものすごく偉そうで、あまりにも短気。

人が足りなくて業務が回らなくなると、イラついて鬼の形相で罵声を浴びせる。
すぐに謝罪はあったけど。

あぁこの人、唯我独尊タイプだろうなぁと。
他人を見下してバカにしてるなぁと。

私にはまだマシな方で、チンパンジーとナマケモノにはもっと強くあたる。
まぁそれはこの二人が出来が悪いからって部分もあるんだけど
だからといって強くあたっていい理由にはならんわな。

そのくせ上司には、おちゃらけた態度でフレンドリーにゴマをする。

短気度や喧嘩の強さでいけば、実は私の方が上だと思う。
一度ロックオンした相手は必ず打ち負かすよ。

でも私は、普段はそれを見せない。
脳みそゆるふわスイーツちゃん(笑)を演じてる。
まぁそれは冗談だけど。普通の人のふりしてる。

でもこいつは「弱い犬ほどよく吠える」の典型じゃん。



原因④
委託制度の開始とそれに伴う業務の変化。

昨年度の秋から業務委託が始まって、職員の人数が減らされた。

でも、委託したからといって仕事が減ったわけではない。
委託先がやった業務の内容を、最終的にはこちらでチェックしないといけないから
余計に手間がかかってる状態。

それに加えて、電話や窓口にも出なければいけなくなった。

チンパンジーやナマケモノは、私より仕事が少ないから
自分達が一番窓口に近い座席配置にされてるのに、それを全く理解もせず
ナマケモノは怠け(サボリ)に行くし
チンパンジーは「私は忙しいのよ!」とでも言いたげにして
電話が鳴っても取らない、窓口に人が来ても顔も上げない、
あげく私をチラ見して上から目線で頼んできやがる。
さすがチンパンジー。飼育員に頼らないと生きてけないの???

なんかこんな人数年前にもいたな。
アレも今思えばチンパンジーだったな。
あのチンパンジーは森に帰されてくれた(クビ)けど
今回のは帰されてくれんかったな…



こんな状態で、ただでさえ後回しにしてた書類の整理などの
本来やらないといけない作業が滞りまくり。


私以外に誰もやり方を知らない業務があることへの疑問。

それを誰かに覚えてもらうチャンスだと思って
その業務がある曜日に休みを取ったら
「誰も対応できないから前日にやってほしい」
と言われた時の怒りを通り越した呆れの気持ち。

私がやるのがイヤだと言ってるんじゃない。
「誰も対応できない」ことに疑問を持ってほしかった。
もし事前の休み申請ではなく、急に休まないといけなくなった場合どうするの?って話。

私を便利屋ロボットか何かだと思ってて
絶対病気にもならない事故にも遭わない死にもしないと思ってる証左でしょ。


最低賃金の上昇での賃上げは何度もあったものの
それは「消極的賃上げ」でしかないわけで
各種保険料が多く引かれ、結局手取りは大して変わらない。
バカにしやがって。

少し前までは少ない給料でも納得してた。
金額に見合うそれなりの仕事だけだったから。
なのに、委託制度が始まって以来
こんな今までと変わらない安い給料で、こんなにも多岐にわたる仕事をしたり
輩のような理不尽なキチ〇イと接触させられたり…

私の、労働者としての、いやその前に人間としての尊厳は?




最初にも書いたけど
「何が原因で」みたいなものはない。
いろんなことが少しずつ積み重なった結果がこれ。

「ナマケモノが怠けてるのがストレス」
「クソチンパンジーの飼育がストレス」
「いつ犬に吠えられ噛み付かれるかわからないストレス」
「仕事内容と給料が割に合わないのがストレス」

これ以外にも細かいことを言いだせば、そりゃいろいろある。

でも、それぞれストレスの方向が違う。

だから
「何が一番の原因なの?」と訊かれても
「全部」としか言いようがない。



できれば辞めたくはなかったわよそりゃ。

仕事を辞めるというのは
「その職場のストレスから解放される」というたった一つの一時的なメリットしかなく
他はデメリットしかないわけで。

いろいろ変化はありつつも、長年いる慣れた職場だから
これからもここで働ければと思ってた。

でももう限界だった。
吐き気しかしない。

最近は変な夢ばかり見るし。


強いて言うならやっぱりチンパンジーが原因。
まぁ…「原因」というより「最後の一撃」になったと言った方がしっくりくるか。

今色々思い返してて一番はらわたが煮えくり返るのは、やはりチンパンジー。
ここに書いた文章も、チンパンジーのことが一番多いし。

期待値が高すぎたのか…

人手不足が何度もあっていい加減ウンザリしてるところに
新しい人が見つかったと朗報→それはクソみたいなチンパンジーだった…
っていうぬか喜びをさせられて、余計怒りが増幅してるんだと思う。



【(元)職場の人へ】

私は倒れました。
これからも働きたかったです、でも働けません。
病気なのだから。
頭も体も動いてません、動かせません。
非常に残念です。

私がいなくても、滞りなく業務回せてますか?

私はチンパンジーとナマケモノがいなくても代わりができるのに
その逆は成立しない…
こいつらは自分の仕事以外やり方も知らず、私の代わりをすることはできない…

事の重大さ、噛み締めてますか?

こんな事態になった時に困るのはそちらですよ…?
実際に今困ってますよね…?

それに気付くチャンスはこれまでに何度もあったはずです。
私からも与えたはずです。

気付くのが遅すぎましたね。



もちろん、辞めることを選んだのは自分です。

でも
「辞めて清々した」
というよりも
今は心身ともに極限まですり減っていて
回復にはまだまだ時間がかかりそうです。

なんだかんだ言っても
名残惜しい気持ちはあります。
7年間、楽しかった思い出もそれなりにあります。

少し不便だけど、風光明媚なところにある職場で
仕事を終えて外に出た時に見える景色、季節の移ろいを感じる匂いが好きでした。

そんないい場所であるはずだけど
最近はそれを感じることができないぐらい心がダメになってました。





なんかよくわからない。
自分の気持ちがよくわからない。

いろんな感情がないまぜになってる。

こんな気持ちも、いつかいい思い出になるのかな。


2月いっぱいは有休を消化していたので
3月から名実ともにニートになります^^

とりあえず、しばらくはニート生活になりそうです。

この期間をフル活用して
仕事をしてた頃にはできなかった、大掛かりな断捨離をしたり
今後の自分の生き方を模索したりしたいと思います。

« 2018年2度目、沖縄の旅。4日目(最終日) | トップページ